クリーニング浜松白洋舎は、静岡県西部地域に、ジャブ、アップルホワイト、オレンジホワイト、アレナ、ベル、ジャブー、スイートランドリーなど、グループ店舗を約50店舗展開しています。

(本社)静岡県浜松市東区篠ヶ瀬町1247-1
店舗情報 お問い合わせ

クリーニング浜松白洋舎の理念・社長メッセージ

浜松白洋舎の経営理念

全従業員の物心両面の幸福(しあわせ)を追求するとともに、キレイを発信し、喜びを創造することにより笑顔が溢れ、気持ちのいい生活ができるようなお役立ち企業になること

浜松白洋舎の職業理念(クリーニング業としての心得え)

真心こころで洗い 真心こころで仕上げ 真心こころで接します

私達はお客様の大切な商品をお預かりしてキレイに洗い、キレイに仕上げ、約束した日・時間にお預かりした同じ商品を確実にお返しする仕事です。私達はこのお返しをする時から本当のお付き合いの始まりと考え、また来て(着て)いただけるお店作りを目指します。地域の皆様が笑顔で暮らせるよう私たちは常に考えていきます。

浜松白洋舎の合言葉は

全てはハピネスをお届けするために

※ハピネス=「幸福、幸せ、喜び、満足」

浜松白洋舎の雇用環境整備の取り組み

浜松白洋舎では、全社員がその能力を発揮し仕事と生活の調和を図り働きやすい雇用環境の整備に取り組んでいます。
・出産や子育てによる退職者についての再雇用制度
・年次有給休暇の取得の促進のための措置
・小学校就学前の子を持つ社員が利用できる短時間勤務制度
 ※次世代育成支援対策推進法に基づく取り組み

浜松白洋舎・社長のメッセージ

私は学生の頃、いわゆるDCブランドに憧れて青春18切符を片手に東京まで日帰りでバーゲンセールを狙って行ったものでした。ファッション雑誌を眺めては好きなブランド品のバーゲンに行くのですが、思うように手が出ず悩んだり、ためらったりしながら本当に気に入ったものを大事に抱えながらブランドロゴの入った紙バックを眺め、優越感に浸っていたものでした。

あの当時、あれだけ憧れていたDCブランドはいつしか影が薄くなってきていました。
私の住む街から次々と百貨店やロードサイドショップが消えていきました。
そして世の中がめまぐるしく変化する中、時代はファストファッションに代表されるような最新の流行をとり入れながら低価格に抑えた衣料品を大量生産する時代となりました。ライフスタイルの変化により、ファッションの在り方も変わっていったような気がします。

それに伴い、家庭洗濯機や洗剤も変化してきました。クリーニングに出さなくても家で洗えてしまう衣類が増え、クリーニングと家庭洗濯の境界がきっちりと分けられました。今ではクリーニングとは「ちょっぴり贅沢なライフスタイル」なのかもしれません。私はあの当時、購入した時の喜びは今でも忘れていません。誰にでもお気に入りの一着ってあると思います。お気に入りだからいつまでも大事に長く着用していたい、その思いを私たちは大切に感じています。モノが溢れる時代だからこそ、モノに対する愛着が大事だと思っています。

衣類と初めて出会った時の喜びを再び感じていただけるために、私たちができること、【真心で洗い、真心で仕上げ、真心で接します】の心で大切な一着をお預かりいたします。

クリーニングの原点は「不潔、不安、不便、不満」等のお客様が感じている「不」を取り除くことだと思います。私たちはその「不」を少しでも世の中から無くしたい、そうすることでお客様が安心して「ココに出して良かった」と笑顔になっていただけるお店を目指しています。又、今後は「クリーニング屋に出しに行く時間がない、と言われる方々の不満を解決する仕組みをも構築していきたいと考えています。

代表取締役 杉原徳彦

お知らせ

>>もっと見る

はっぴドンドン割り シリーズ2
スマホ画面見せてくれたらシリーズ 令和元年 第1弾
羽毛布団リフォーム キャンペーン

浜松ライフ

浜松ライフ2019.5.21

ファンがこぞって聖地巡礼!浜松市は「駄天使が舞い降りた町」

「ガヴリールドロップアウト」はご存知ですか? 浜松市出身の漫画家・うかみさん原作のマンガで、マンガ雑誌「コミック電撃だいおうじ」で連載され、2017年にはテレビアニメ化もされた人気作品のことです。

>>もっと見る

浜松ライフ2019.5.14

静岡のお茶はやっぱりおいしい!新茶の季節は“グリフェス”へ!

今年も新茶シーズンがやってきました! 暑い日も寒い日も、私たち静岡県民ののどを潤すのはやっぱりおいしい緑茶ですよね♪ さてさて、今回【浜松ライフ】が見つけたのは、そんな季節にぴったりのお茶をテーマにしたスイーツ×ビール×フードが楽しめるイベント!

>>もっと見る

浜松ライフ2019.5.08

自分でやれば、よりおいしい!? 海湖館の体験イベント

浜名湖にはほっぺたが落ちるくらいのおいしい魚介がいっぱいありますよね。今回ご紹介するのは、そんな浜名湖の幸を単に味わうのではなく、“体験しながら味わう”というユニークなイベント。湖西市新居町「今切体験の里 海湖館」 にて土日祝に開催されている、「うなぎ&さかなつかみ体験」と「しらす釜揚げ体験」です!!

>>もっと見る

浜松ライフ2019.5.01

昨年は8万人動員! 静岡県最大のグルメフェス

さぁ、今年も幕が上がります! 静岡県最大のグルメフェス「エコパグルメスタジアム」! 昨年8万人もの動員を記録した超人気イベントですので、心待ちにしていた方も多いのではないでしょうか? 2019年も過去最大規模となる100を超える出店が決まっており、バラエティ豊かな「おいしい!」でみなさんの胃と心を大満腹にしてくれますよ♪

>>もっと見る

浜松ライフ2019.4.22

由緒ある初山宝林寺で、“情景王”山田卓司さんの作品を

浜松市出身のプロモデラー・山田卓司さんの作品展示が、北区・初山宝林寺で開催されています! 山田卓司さんと言えば、テレビ東京「TVチャンピオン」全国プロモデラー選手権での優勝をはじめ、国内外のさまざまなコンテストで受賞歴を持つ日本屈指のモデラー。“情景王”の異名からもわかる通り、昭和のノスタルジー溢れる情景を切り取ったジオラマ作品を中心に、観る人の心を温かく、やさしい気持ちにさせてくれます。

>>もっと見る

浜松ライフ2019.4.18

「幼稚園、どこにしようか?」をスッキリ解決できるイベント開催!

このコラムをご覧いただいている方の中にも、子育て真っ最中のパパママさんは多いはず。今回はそんなあなたにぴったりのイベントをご紹介! 4/27(土)に開催される「親子ふれあい子育てフェスティバル」です。

>>もっと見る

浜松ライフ2019.4.10

目玉は朝獲れの生しらす!舞阪漁港の名物イベントが今年もスタート

日本屈指のしらすの水揚げ高を誇る舞阪漁港(浜松市西区)。その恒例イベント「えんばい朝市」が今年もいよいよ開催されます! 港町ならではの鮮度抜群の魚介をはじめ、地元産の野菜や果物、生花、そしてグルメブースまで、早起きしてでも行きたいココだけの味が勢揃い! 毎回、人気ブースには行列ができるほどの賑わいを見せているそうですよ。 目玉は何と言っても、その日の朝に獲れた生しらすの販売! 会場内で配布される販売整理券をゲットして、光り輝く生しらすをお買い求めください。ただし、当

>>もっと見る

浜松ライフ2019.4.01

春のおでかけにぴったり! 65種類のチューリップがお出迎え♪

里山の自然に包まれた広大な敷地に、創作体験工房やアウトドア体験、地場産品の販売所、レストラン施設などを備えた「森町体験の里 アクティ森」。遊んで、食べて、体験して…と一日中満喫でき、浜松からも気軽にアクセスできるので、ファミリー層に大人気のスポットです。

>>もっと見る

浜松ライフ2019.3.26

日本一に返り咲き! 浜松餃子は世界に誇るパワーフード

すでにご存知の方も多いかと思いますが、浜松餃子が日本一を奪還したといううれしいニュースが届きました!

>>もっと見る

浜松ライフ2019.3.21

2019年おすすめ桜まつり情報!

すっかり春の陽気に包まれるようになりました♪ 桜の季節ももうすぐそこですね。友だちとお花見の予定を立てたり、買い出しなどの準備を進めてる方も多いことでしょう。今年の開花は平年より早く咲く見込みだそうで、浜松市周辺の桜が満開になるのは4月の頭くらいだと言われています。桜の開花情報は静岡県の公式HPで随時更新されていますのでチェックしてみてくださいね → http://www.pref.shizuoka.jp/kankyou/ka-080/sakura/kaika.ht

>>もっと見る

浜松ライフ2019.3.18

吹奏楽の聖地で開催される「春の甲子園」

世界有数の管楽器生産地として知られる、音楽の都・浜松。その流れからか、浜松市内の中学校は94%に、高校は100%に吹奏楽部またはオーケストラ部が設置されているそう! さらに社会人吹奏楽団も20団体以上あり、毎年さまざまな大会で優秀な成績を収めています。これは全国にも類を見ない環境ですよね。まさに音楽の都にふさわしい文化と実力が備わっていると言えます。

>>もっと見る

浜松ライフ2019.3.13

モデラーたちの“模型愛”が詰まったイベント

子どもの頃はもちろん、大人になった今でも夢中になっている人は多いはず。今回ご紹介する「みんなの模型大展示会」は、“模型愛”に情熱を注ぐ方々の作品をざっくばらんに展示するイベントです。「モデラー(プラモデルなどの模型制作を趣味とする人)が気軽に作品を展示&発表できる場を」との思いでスタートし、今年で3回目を迎えるそうですよ。

>>もっと見る

>>もっと見る