クリーニング浜松白洋舎は、静岡県西部地域に、ジャブ、スイートランドリーなどグループ店舗を約50店舗展開しています。

(本社)静岡県浜松市東区篠ヶ瀬町1247-1
店舗情報 お問い合わせ

洗っているのに
お気に入りのバスタオルが臭う?

二年使っていると好きなバスタオルが、なぜか臭う。
洗っているのに なぜ。
そんなことありませんか?
蓄積臭かも…。

汗抜き加工の必要性

汗抜き加工が必要な理由は!

着用後は必ず汗が付着する。その汗(=塩分)が紫外線と反応し黄色に変色または色落ちを引き起こす。この変色は通常クリーニングではもう落ちない。このようなことがおきない様、特に仕舞いのときは汗抜きをお勧めしている。汗は水洗いしないと完全に抜ききれない!

さっぱりドライ

"さっぱりドライ"は、汗抜きドライクリーニング【ドライの溶剤の中に霧のように水分を含ませて洗う加工です】

ドライクリーニングで汗汚れを除去!ドライクリーニングなので繊維は傷めずキレイに仕上がります。
汗抜き加工が必要な理由は!

着用後は必ず汗が付着します。
その汗(=塩分)が紫外線と反応し黄色に変色または色落ちを引き起こします。
この変色は通常クリーニングではもう落ちません。このようなことがおきない様に「予防クリーニング」として、特に衣替えなどのときは汗抜きを浜松白洋舎ではお勧めしております。
風合いと爽やかな肌触りを実現するのが、汗抜きクリーニングの「さっぱりドライ」です。汗は水洗いしないと完全に抜ききれないので、背広・ズボンに最適な加工です。

予防クリーニングとは今症状が起きていない衣類に、変化を起こさないようにするための加工のことです。

さっぱりAQUA

汗抜きウェットクリーニング【ドラム回転式ではなく、水流噴射で洗う加工です】

超デリケート水洗い、汗汚れを完全除去!

日本で2台しかない専用洗濯機で水洗い
しかもMA値2は業界迫品質、型崩れなく水洗いできる!衣類の型くずれなどのダメージを最小限に抑えて汗、ゴワツキ、汚れを除去!ぜひ、そのすばらしい効果をお試しください。

【加工料金】

500円(税別)

【おすすめ商品】

背広、ズボンなど

復元加工

襟元を開けたくなる
黄ばみ、皮脂汚れをスッキリと!

クリーニングの技術革新、これで衣類が蘇る。
通常のクリーニング技術では落としきれないとされていた黄ばみ、くすみなどの衣類のトラブルを解決!
当社オリジナルのケアクリーニングが復元加工です。

【加工料金】

シャツ 250円(税別)

【おすすめ商品】

ワイシャツ

お知らせ

>>もっと見る

春の衣替えキャンペーン
衣類保管キャンペーン
衣類宅配キャンペーン【店舗限定】

浜松ライフ

浜松ライフ2020.3.23

フィリピンで一番有名な日本人の“秘密基地”がオープン!※3/31(火)まで休館

「え!? そんなスゴい人がいるんだ!」と驚かれた方も多いのではないでしょうか? 浜松市出身で、現在、フィリピンを拠点に活動されているユーチューバー・三海郁弥(さんかいふみや)さんのことです。調べてみるとその人気はワールドクラス! 運営するYouTubeチャンネル「FumiShun Base」( https://www.youtube.com/channel/UCi7Ofw4sJynsacr_i6uk_lA)は、チャンネル登録者数が193万人(2020年3月現在)もいるんですよ

>>もっと見る

浜松ライフ2020.3.18

春の装いはすぐそこ! 市内の桜スポットをご紹介

新型コロナウイルス感染症の拡大が続いていますが、季節は日に日に春の装い♪ 春のイベントと言えば、やっぱりお花見ですよね。すでに家族や友人と計画を立てている方も多いのでは? 今年は暖冬の影響で、平年よりかなり開花が早まる見込みだそう。静岡県西部エリアの開花は今週金曜(3/20)あたりと予想されています。ということは、3月中に満開をむかえるペースですね。ちなみに、桜の開花情報は静岡県の公式HPで随時更新されていますよ。http://www.pref.shizuoka.jp/kan

>>もっと見る

浜松ライフ2020.3.08

目指せ、25種類コンプリート!御朱印帳ならぬ「浜名湖花めぐり集印帳」

“日本の春は浜名湖から”をキャッチフレーズに毎春開催される「浜名湖花フェスタ」。今年も3/20(金)~6/14(日)の期間で、花をテーマにしたさまざまな企画&イベントが行われます! 浜名湖周辺エリアには、浜名湖ガーデンパークや開園50周年を迎えたはままつフラワーパークなどの施設がいっぱいありますからね! これからの季節、花巡りを楽しみにしている方も多いのではないでしょうか?

>>もっと見る

浜松ライフ2020.3.01

“婚活のプロ”が企画する、運命の人とのベストな出逢い方

■本イベントは新型コロナウイルス感染拡大に伴い、延期となりました(延期日未定)あなた自身、またはあなたの周囲に「そろそろ結婚したい」という方はいらっしゃいますか? そんな方に朗報です! 実際に婚活支援をしている“婚活のプロ”が団結し、企画・運営するイベント「婚活フェスタshizuoka」が3/15(日)に開催されるんです♪ 単に出逢いを求めるためのイベントではなく、婚活を上手に進めるにあたってのさまざまな情報&アドバイスを提供してくれる独自のコンテンツ

>>もっと見る

浜松ライフ2020.2.25

世界で再熱するアナログ音源の世界。全国屈指の人気ショップが浜松に集結!

【本公演は新型コロナウイルス感染拡大に伴い、中止となりました】突然ですが「レコードやCDで音楽を聴いたことがない」という方はいらっしゃいますか? 音楽の楽しみ方もすっかりデジタルの時代。日本でも月額定額制の音楽配信サービス(サブスクリプションサービス)が浸透してきました。一方で、今、アナログのレコード&CDの人気が再熱しているのをご存知ですか?(カセットテープも再注目されているみたいですね) デジタル音源ではカットされてしまうような自然なノイズまで楽しめ、演奏の再現度が高いと

>>もっと見る

浜松ライフ2020.2.21

ひと足早い“お花見”は、まさに今が見頃です

2月とは思えないような記録的な暖冬が続いていますね。この調子だと「冬らしくない」まま、一気に春へと突入してしまいそうです。さて、春のイベントと言えばお花見ですが、今の季節は「早咲きの桜」が見頃を迎えています。河津桜や寒桜など、1月~3月にかけてきれいに咲く桜ですね。特に河津桜はソメイヨシノよりも鮮やかなピンクが特徴で、花期も長いのでゆっくり楽しむことができます。とは言え、暖冬の影響で例年より1~2週間も開花が早いそうですので注意してくださいね。市内の各所では「早咲きの桜」に合

>>もっと見る

浜松ライフ2020.2.12

日本屈指の話芸を聴きに「いらっしゃーい!」

【本公演は新型コロナウイルス感染拡大に伴い、中止となりました】毎年心待ちにしているファンも多いはず。恒例の「浜北寄席」が間近に迫ってきましたよ。36回目を迎える今回は、ご存知、桂文枝さんの独演会! 一層注目度が高まるのもうなずけます。

>>もっと見る

浜松ライフ2020.2.04

もうすぐ2/14(金)!今年はどんな「甘い気持ち」を贈りたいですか?

今年もバレンタインデーが近づいてきました♪ 恋人や大切な家族、友人、職場でお世話になっている方々に、甘~い気持ちがこもったチョコレートをプレゼントする日ですよね。ただ最近は、友だち同士で食べ比べを楽しんだり、自分用にちょっぴり高価なものを購入するのもトレンドみたいですよ。

>>もっと見る

浜松ライフ2020.1.26

食べたことある? 焼きたて&アツアツのうなぎパイ

浜松が全国に誇る銘菓「うなぎパイ」。その製造工程を間近で見学できるのが、西区大久保町にある「うなぎパイファクトリー」です。入場無料で、工場見学以外にもカフェや工場直売店など楽しめるコンテンツがいっぱい! 県内外から連日多くの人が訪れる人気スポットとなっています♪ところで、このうなぎパイファクトリーで大人気のツアーがあるのをご存知ですか? それは「窯出しうなぎパイツアー」。コンシェルジュによるわかりやすい案内・説明を受けたあと、“窯出し”したばかりのミニ

>>もっと見る

浜松ライフ2020.1.21

甘くてジューシーな“赤い宝石”を、思う存分味わって♪ 

キラキラ輝く果実を摘み取って、その場でパクッ♪ 口いっぱいに広がる芳醇な香りとジューシーな甘みがたまりません。そうです、今の季節はいちご狩りシーズン真っ盛り! これからゴールデンウィークあたりまで、長い期間楽しめるのも魅力ですよね。市内にもたくさんのいちご狩り施設があって、連日賑わいを見せているそうですよ。

>>もっと見る

浜松ライフ2020.1.12

プリ丸をその場で網焼き! 恒例の牡蠣小屋が今年も登場です 

冬の味覚の代表格・牡蠣(かき)。浜名湖産の牡蠣も全国的に人気が高いことで知られていますよね。粒が大きくて、甘みが強く、ミネラルが豊富に含まれているのが特徴です。そうそう、加熱しても身があまり縮まないのでフライなどにしてもとってもおいしいんですよね。

>>もっと見る

浜松ライフ2020.1.08

超ビックサイズ! 子(ねずみ)の地上絵が登場!

あけましておめでとうございます! 2020年も地元のステキな情報をたっくさんお届けしますので【浜松ライフ】をどうぞよろしくお願いいたします!!さて、新年一発目は、西区・浜名湖ガーデンパークにて展示されている「干支の地上絵」をご紹介します。ご存知の方にはすっかり恒例となっているかもしれませんね。パーク内にある中央芝生広場に、今年の干支である子(ねずみ)の地上絵が登場しているんですよ!

>>もっと見る

>>もっと見る