クリーニング浜松白洋舎は、静岡県西部地域に、ジャブ、スイートランドリーなどグループ店舗を約50店舗展開しています。

(本社)静岡県浜松市東区篠ヶ瀬町1247-1
店舗情報 お問い合わせ

お気に入りのスーツに
スパゲティソースが飛んだ!!

まずは落ち着こう。
そのシミきっととれます。

お気に入りの服ほどシミ作っちゃうことはありませんか?
大切な、ものだから。
お客様お一人お一人が持つ価値観や思い出を、大切にしながらキレイを追求しています。
そしてそれを初めて手に取った時の喜びを再び届けたい…。
あきらめる前に、お試しください!!

シミ抜き『匠』コース

浜松白洋舎グループ最高品質

もう着られないと諦めていた衣類を蘇らせます!
通常のクリーニング技術では落としきれないとされているワイン、黒カビなど衣類のシミを解決!

【加工料金】

小物類・シャツ・セーター 1,000円~(税別)
ズボン 1,500円~(税別)
ジャケット 2,000円~(税別)
コート 3,000円~(税別)
※クリーニング料金別途

ガード(撥水)加工

汚れをはじいて衣類を守る!!

当社の撥水加工は、樹脂材を高温熱処理して繊維の一本一本をコートするため、効果的に雨や醤油、酒などの汚れをはじくと共に、通気性もあります。定期的な加工をおすすめします。
※一部ガード加工の出来ない商品もございます。

【加工料金】

シャツ類 200円~(税別)
ズボン・スカート類 300円~(税別)
上着 400円~(税別)
※クリーニング料金別途

【おすすめ商品】

コート、ネクタイ、スキーウェアなど

虫よけ加工

大切な一着を虫食いの不安から一掃

虫は5月~10月にかけて一番活動します。
とくに高級衣料等に限って付きやすいものなのです。お早目に「虫よけ加工」で衣類を守りましょう。繊維にヒノキ成分加工剤を噴霧、その繊維を虫が食べると穴が開く前に死んでしまう特別なもの。市販の防虫加工とは異なり、寄せ付けないだけでないので被害を最小限にできます。

防カビ:カビを防ぎ、ふんわり軽い仕上がり
防虫 :お気に入りの一着を虫から守ります
抗菌 :とっても衛生的な健康クリーニング

【加工料金】

シャツ 200円~(税別)
ズボン・スカート類 300円~(税別)
ニット 300円~(税別)
上着 400円~(税別)
コート 600円~(税別)
※クリーニング料金別途

【おすすめ商品】

アンゴラなど、毛100%のセーターなど

折目加工

強力長もち、雨にも強いSIROSET加工

SIROSETとは、CIRO(豪州連邦科学産業研究開発機構)で開発された加工法です。ズボンやパンツ、学生服などの折目を消えにくくする加工です。
家庭でのアイロン掛け不要 !!
お手入れは逆さ吊りして霧吹水をかけておけば折目が回復します。
※一部折目加工できない商品もございます。

【加工料金】

ズボン 800円(税別)
学生服ヒダスカート 1,200円(税別)
※クリーニング料金別途

【おすすめ商品】

背広ズボン、学生服(ヒダスカート)など

お知らせ

>>もっと見る

チャイルドシート & ベビーカー 吸水速乾加工付きキャンペーン
スニーカーデイリーコース スペシャルキャンペーン
令和元年! スマホ見せたらシリーズ 第5弾

浜松ライフ

浜松ライフ2019.9.17

浜松市は日本代表とスコットランド代表の公認チームキャンプ地です♪

Photo by Monica Volpin(Pixabay)さぁ、世界中が熱狂の渦に包まれる一大スポーツイベントが始まります! アジアでは初開催となる、ラグビーワールドカップ日本大会です。そうそう、袋井市のエコパスタジアムも試合会場に選ばれていますよね。すでにチケットを購入している方も多いのではないでしょうか? 日本VSアイルランドをはじめ、注目カードが目白押しですから。さらにさらに、浜松市は日本代表とスコットランド代表の公認チームキャンプ地ですので、ひょっとしたら街中で屈

>>もっと見る

浜松ライフ2019.9.11

甘い香り、シャキシャキ食感、溢れ出るジューシーな果汁

まだまだ残暑が厳しい季節。車を走らせていると、ふと「梨」や「梨直売」ののぼりを見かけることはありませんか? 市内で言えば、北区や浜北区のエリアが多いと思います。そうです、夏の終わりから秋の始まりにかけては梨がおいしいシーズン。量こそ少ないですが、温暖な気候によってスクスクと育った静岡県産の梨は、全国的にも高品質として知られているんですよ。

>>もっと見る

浜松ライフ2019.9.04

東急ハンズ浜松店が9/13(金)にいよいよオープン!

東急ハンズ浜松店 イメージすでにワクワクしている方も多いのではないでしょうか? そうです、いよいよ「東急ハンズ浜松店」が9/13(金)にオープンするんですよね! 場所は遠鉄百貨店・新館5階dす。ハンズと言えば、日常のさまざまなシーンで「あ、これいいかも!」を提案してくれる大型生活雑貨ショップ。浜松店においても「ここは、ヒント・マーケット。」をブランドスローガンに、ヘルス&ビューティー、ステーショナリー、ハウスウェアなど、幅広い分野で多種多様な商品を取り揃えるそうですよ。ちなみ

>>もっと見る

浜松ライフ2019.8.21

夏休み最後の思い出は、“最恐”体験にトライしてみては?

「超こえー!!」「アッという間の15分」「ビビり過ぎて笑えてきた」。体験した方のリアルな感想からも話題性が伝わる、超本格お化け屋敷イベントがいよいよラスト開催を迎えます。袋井市にある法多山で開催されている、お化け屋敷プロデューサー・五味弘文さん監修「お化け屋敷 呪いの契り帯」です。

>>もっと見る

浜松ライフ2019.8.15

話題のバイク女子たちが集結! 今年も“バイクのふるさと”が熱い!

浜松と言えば、スズキ・ホンダ・ヤマハといった世界的バイクメーカー創業の地として知られていますよね。そんなバイク文化の発信地として、市内のバイク産業や文化を継承していくイベントが「バイクのふるさと浜松」! 8月19日の「バイクの日」にちなんで、毎年その直近の週末に行われています。今年は8/24(土)・25(日)の2日間です。

>>もっと見る

浜松ライフ2019.8.07

令和の夏に刻み込まれる、特別な花火大会

写真提供:浜松・浜名湖ツーリズムビューロー暑い、暑い、暑いっ! 梅雨明けしてからというもの、例年をはるかに上回る厳しい暑さにさらされている日本列島。ここ浜松市でも立っているだけで汗がしたたり落ちるくらいの猛烈な暑さが続いています。そんなぐったり気分を少しでも癒してくれる夏の夜のイベントと言えば…。そう、花火大会! 8月に入り、市内や近隣エリアでは、毎週どこかしらで「ドーン! ドーン!」とリズミカルな破裂音を耳にすることができます。

>>もっと見る

浜松ライフ2019.8.01

大興奮間違いなし!浜松に“地上の支配者”たちがやってきた!

今年の夏は、太古の世界へタイムスリップ! アクトシティ浜松開館25周年を記念して行われる「浜松恐竜ワールド2019」が7/27(土)から開催されています!

>>もっと見る

浜松ライフ2019.7.26

明日7/27(土)は磐田で祭りのハシゴ!

今週末のご予定はお決まりですか? 「まだだよ~」という方は、磐田方面に足を運んでみてはいかがでしょう? 7/27(土)は磐田地区のお祭りDAY! 2つのイベントが重なる “2度おいしい一日”なんです!

>>もっと見る

浜松ライフ2019.7.16

実は日本最古の養殖場。改めて、浜名湖のりに注目したいワケ

プ~ンと広がる磯の香りと鮮やかな緑色。浜名湖の自然が育む名産のひとつに、【浜名湖のり】がありますよね。サッとあぶっていただく板のりをはじめ、味噌汁に浮かべたり三杯酢がおすすめの生のり、そして、さまざまな食材に混ぜ込める「浜名湖のりパウダー」なんていう商品も見たことがあるのではないでしょうか? 特に生のりのまったり舌を包み込むようななめらかな食感はたまりませんよね。ちなみに、普通の板のりというは「紅藻類」を原料としているので乾燥すると黒くなるのですが、浜名湖のりは「緑藻類ヒトエ

>>もっと見る

浜松ライフ2019.7.08

天浜線に揺られながら、〈御殿場高原ビール〉を思う存分堪能!

ガタンゴトン♪ ガタンゴトン♪ 列車の心地良い揺れに身を寄せながら、車窓に流れるのどかな里山の風景。そして手には、キンキンに冷えたこだわりビール! しかも飲み放題(おつまみ付き)!!! お好きな方はもうピンときたことでしょう(笑)。そうです、毎年大好評の「天浜線御殿場高原ビール列車」が今年も6~8月の期間限定で運行中なんです!

>>もっと見る

浜松ライフ2019.7.02

夏と言えば海!今月から各ビーチで“海開き”がスタート!!

<写真提供:浜松・浜名湖ツーリズムビューロー>2019年も7月に突入! 照りつける太陽と鳴り響く蝉の声、グングン上昇する温度計を横目に、何本目かのアイスに手が伸びる…。そんな夏本番のスタートでございます♪  夏と言えば、山や川も良いですが、やっぱり海ですよね!! これからの季節、静岡県西部エリアの各ビーチでは続々と“海開き”が始まりますよ。「どこに行こうか?」と迷ったら、とりあえず海!という方も多いのではないでしょう

>>もっと見る

浜松ライフ2019.6.23

旬を迎えた、夏の高級魚。オリジナル丼もチェックしてみて♪

いきなりですが、漢字クイズ。魚へんに「豊」と書いて何と読むでしょうか? 浜松市民の方には簡単な問題だったかもしれませんね。正解は、京料理に欠かせない高級魚として知られている「鱧(ハモ)」です。

>>もっと見る

>>もっと見る