クリーニング浜松白洋舎は、静岡県西部地域に、ジャブ、スイートランドリーなどグループ店舗を約50店舗展開しています。

(本社)静岡県浜松市東区篠ヶ瀬町1247-1
店舗情報 お問い合わせ

実は日本最古の養殖場。改めて、浜名湖のりに注目したいワケ

カテゴリ/浜松ライフ 投稿日/2019-07-16


プ~ンと広がる磯の香りと鮮やかな緑色。浜名湖の自然が育む名産のひとつに、【浜名湖のり】がありますよね。サッとあぶっていただく板のりをはじめ、味噌汁に浮かべたり三杯酢がおすすめの生のり、そして、さまざまな食材に混ぜ込める「浜名湖のりパウダー」なんていう商品も見たことがあるのではないでしょうか? 特に生のりのまったり舌を包み込むようななめらかな食感はたまりませんよね。ちなみに、普通の板のりというは「紅藻類」を原料としているので乾燥すると黒くなるのですが、浜名湖のりは「緑藻類ヒトエグサ」を原料としているため、緑なんだそうですよ。


実は浜名湖の養殖のりの歴史はとても古く、なんと江戸時代の文政3年(1820年)ごろから始まったとされています。これは現存する日本の海苔養殖場では最古だそうです!

ということは…。そう、来年2020年は浜名湖でのり養殖がはじまって200周年になる記念すべき年ですよね。浜松市の食品加工業者などでつくる「浜名湖のりブランド推進協議会」では、200周年の記念プロジェクトに向けていろいろ活動しているそうですよ。


そこで、とにもかくにもご覧いただきたいのが、この「浜名湖のりブランド推進協議会」のユニークな“ホームペーヂ”。「浜名湖のり内閣」と銘打って、誰もが親しみやすく浜名湖のりについて知ってもらえるアイデアが詰め込まれています。トップページにある動画「浜名湖のり総理所信表明ダンス」も必見です(詳細はこちらから → http://www.hamanako-nori.jp/cabinet/)。

 

200周年を間近に控えた今だからこそ、みなさんも改めて、浜名湖のりに注目してみてはいかがでしょうか? 「のっり~♪ のっり~♪ はまなこのっり~♪」を口ずさむことから始めてみてくださいね(笑)。

スーツ上下 さっぱりアクアキャンペーン
羽毛布団リフォームキャンペーン
令和元年! スマホ見せたらシリーズ 第6弾 『セータークリーニング無料券』プレゼント