クリーニング浜松白洋舎は、静岡県西部地域に、ジャブ、スイートランドリーなどグループ店舗を約40店舗展開しています。

(本社)静岡県浜松市東区篠ヶ瀬町1247-1
店舗情報 お問い合わせ

年末年始のお酒のお供に!浜松発祥の香味野菜・エシャレット

カテゴリ/浜松ライフ 投稿日/2021-12-25

シャキシャキッとした食感とさわやかな辛みがクセになる香味野菜「エシャレット」。実はこの野菜、浜松が発祥というのをご存知ですか? 調べてみると、昭和20~30年代に浜松市南部で栽培されていたラッキョウの出来がすばらしかったことが起源となっているようです。当初は「根らっきょう」という名前で販売していたそうですが、東京・築地の青果卸売業者が「西洋っぽい名前の方が売れるのでは?」という理由で「エシャレット」と命名。そこから浜松産エシャレットの評判が広がっていったとされています。別名で“サンドパール(砂の真珠)”と呼ばれていた時期もあったそうですよ。

現在でも浜松市南区五島地区を中心に盛んに栽培され、全国有数の産地として知られています。海岸にほど近く、中田島砂丘に代表される水はけの良い砂地がエシャレットの栽培に適しているんですね。また、エシャレットは健康野菜としても注目されています。ビタミン、ミネラル、食物繊維がバランス良く含まれており、中でも辛味成分であるアリシンは、コレステロールを抑えたり、血液をサラサラにする効果が期待されています。
 
ちなみにですが、フランス料理やイタリア料理でよく使われる野菜で「エシャロット」というものがあります。一文字違いなので混乱してしまうのですが、エシャロットというのは小型のタマネギの一種。一方、エシャレットは若採りしたラッキョウのことですので、全く違う野菜なんですよ。

毎年11月~3月頃がおいしいとされるエシャレット。まさに今が旬ですね♪ 浜松産の新鮮なエシャレットであれば、まずは生食から(加熱しても甘みが出ておいしいんですけどね)。定番の味噌やマヨネーズを付けて食べたり、生ハムを巻いたり、塩昆布を和えたりするとよりおいしさがアップしますよ♪ お酒のお供にもぴったりですので、気になった方はぜひお試しください♪
オプション加工 キャンペーン さっぱりドライ
寝装品宅配 キャンペーン
「洗着プロジェクト」のお知らせ